ハラスメント防止への取り組み

ハラスメント防止委員会企画シンポジウム

パワー・ハラスメントやセクシャル・ハラスメントなどの種々のハラスメントを防止することを通して,日本教育心理学会に関わる全ての人の基本的人権や尊厳を守り,各自が安心して快適に学会活動や職務に従事できることを目指します。その取り組みの一環として,今年も,以下のシンポジウムを開催します。

テーマ 第6回 ハラスメント防止委員会企画シンポジウム
いま大学で何が起こっているか―ハラスメントの起きる可能性を知る―
日 時 2016年10月9日(日)13時30分~15時30分
場 所 かがわ国際会議場(タワー棟6階)
企 画 日本教育心理学会 ハラスメント防止委員会
司 会 大塚雄作(大学入試センター)
話題提供 内田伸子(十文字学園女子大学)
大学の弱者<特任教員や大学院生>への白い暴力
高橋知音(信州大学)
障害のある学生への支援とハラスメント
指定討論 金子雅臣(職場のハラスメント研究所)
参加無料 どなたでも参加できます。

 

◆講演のチラシはリンクをクリックしてダウンロードしてください

チラシ表面〔pdf:278KB〕   チラシ裏面 〔pdf:64KB〕 チラシ両面〔pdf:327KB〕

◆参加方法

このシンポジウムは,日本教育心理学会第58回総会時に開催します。会員でない方も無料で参加いただけます。

◆企画主旨

2011年の日本教育心理学会総会より毎年企画されてきた,ハラスメント防止委員会企画講演会も6回目を迎えることになる。その積み重ねの中で,ハラスメントは往々にして加害者がそれを意識しないまま進行してしまうということが,一つの課題として浮き彫りにされてきた。そこで,今回は,大学の中で,ハラスメントに関わって,どういう状況がそれに陥りやすいのか,そして,そのような状況にどう関わっていったらよいのかということに焦点を絞って議論してみることにしたい。

まず,内田伸子氏より,大学の執行部の経験の中で,実際に起こったいくつかのハラスメントの事例を踏まえて,どのような状況に問題が生じやすいのか,それらを起こさないために,どのような教育環境,研究環境を作っていくことが望まれるのかということについて話題提供をしていただく。

また,今年度は,「障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律(障害者差別解消法)」が4月より施行されており,公的な機関として,どの大学もそれに対応する責務を負わねばならなくなっているが,存外,障害者の範囲なども認識しないまま,ハラスメント的な状況に陥ってしまっていることも少なくないと思われる。この点に関して,どのように対応していくことが望まれるのかについて,高橋知音氏より話題提供をしていただく。

それらを総括する形で,ハラスメント防止委員会の専門委員をお願いしている金子雅臣氏より,指定討論をいただき,質疑応答,意見交換の場を持つこととしたい。

 

これまでのハラスメント防止委員会企画講演と講演内容

タイトルをクリックしていただくと『教育心理学年報』に掲載されているまとめがご覧いただけます。

2015年8月27日(新潟) 若手研究者の雇用環境の変化とハラスメント問題
2014年11月 8日(神戸) ハラスメントに関わるリスクマネジメントのあり方
2013年 8月18日(東京) ハラスメントのない学会に向けて
― ハラスメント対策の現状と課題―
2012年11月24日(沖縄) 教育現場におけるハラスメント
― その特徴と傾向 ―
2011年 7月25日(北海道) 教育指導の場におけるハラスメント
—なぜ起きる,どう対処する—

リーフレット

ハラスメント防止のリーフレットが出来ました。
リンクをクリックしてダウンロードしてください。

リーフレット表面[pdf:433KB] リーフレット裏面[pdf:411MB] リーフレット両面[pdf:893MB]


ハラスメント防止委員会規程

日本教育心理学会では「ハラスメント防止ガイドライン」を制定し,ハラスメント防止委員会を発足させて,学会活動に関わるハラスメントの防止に積極的に取り組んでいます。ガイドラインおよび委員会の規程,活動に関する細則は下記よりダウンロードできます。


相談のお申し込み

ハラスメントの相談をご希望の方は,下記の「相談の申し込み用紙」をダウンロードし,必要事項を記入のうえ,「日本教育心理学会事務局気付 ハラスメント防止委員会宛」にお送りください。

相談をお申し込みの際には,事前にガイドライン,委員会の活動に関する細則のほか,以下をご覧ください。